生え際を隠す髪型とは

薄毛に見えにくい髪型
Home » 薄毛に見えにくい髪型 » 生え際を隠す髪型とは
薄毛に見えにくい髪型 | 08月06日更新

生え際を隠す髪型とは

生え際を隠す髪型とは

前髪を持ち上げた時に自分の髪の毛の生え際が、少しづつ後退していることに気づくこともあります。
あまり気にせずそのままにしたり、前髪を下ろしてしまうことで隠れてしまうので放っておく方も多くいることでしょう。
また、そんな状態が続いてしまうとあっという間に大変なことにもなりかねません。
そこで、生え際の薄毛を上手く隠すことができる髪型についてご紹介いたします。

思い切ってモヒカンにして額を見せるようにすると、生え際の薄毛はほとんどわからなくなります。
この時に、顔立ちや頭の形によってモヒカンの位置や高さを相談して決めていくことが大切。
また、髪の毛にカラーを施すことでおしゃれを楽しむこともできます。

次に、ツーブロックといって両サイドを思い切り刈り上げる方法も。
トップの髪の毛を少し長めに残すことで、境目をはっきりさせ、他の人の視線を生え際ではなく、その境目に向くようにしていきます。
また、くせ毛のある方は、全体的にくるくるさせて動きをつけたり、髪の毛を流したりすることで前髪の境目に目が行かなくなるでしょう。
そして若い方によく見られるのが、ショートレイヤー。
少し気になりだしはぐらいならば、自然な感じで薄毛を隠すことができるのでおすすめです。

いろいろな髪型がありますが、どの髪型も短髪ということがポイントになります。
薄毛の部分は、髪の毛がなかなか育たないので、いくら伸ばしても薄毛が解消されることはありません。
なので、勇気を出して短髪にしていくほうが良いという結果にたどり着きます。
また、長く伸ばしていると汗をかいた時などは、髪の毛が汗で地肌にぺったりくっついてしまうので、より目立ってしまいます。
そのようなことからも短髪がおすすめとなります。
髪型によっては、ジェルやワックスを使用したほうが良い場合がありますが、艶の出るジェルは、薄毛をかえって目立たせることになってしまいますので、ワックスなどでセットを試みることをおすすめします。

The following two tabs change content below.

薄毛に見えにくい髪型編集部

薄毛に悩む人の多くは、髪型・ヘアースタイルをどうすればいいかと困ることも多いはず。ここでは、薄毛に見えにくい髪型について紹介しています。

最新記事 by 薄毛に見えにくい髪型編集部 (全て見る)