薄毛の人に似合う髪型

薄毛に見えにくい髪型
Home » 薄毛に見えにくい髪型 » 薄毛の人に似合う髪型
薄毛に見えにくい髪型 | 08月13日更新

薄毛の人に似合う髪型

薄毛の人に似合う髪型

薄毛だから「恥ずかしい」とか「隠そう」とするのは、かえってマイナス。
薄毛も個性と考えて自信を持つことが大切です。
そこで、そんな薄毛の方に似合う髪型をご紹介します。

男性に似合う髪型は、なんといっても短髪。
いわゆるスポーツ刈り・坊主頭・スキンヘッドです。
髪の毛全体が短く整えられているので、分け目を作る必要もなく非常におすすめ。
髪の毛の薄い部分を少し長めにカットし、濃い部分を短めにカットすることで頭全体の髪の毛の濃淡が同じになるので、薄毛が目立たなくなるのがポイントです。
次に、ソフトモヒカンです。
頭頂部の髪の毛が長めにカットされているので、スタイルの変化も楽しめておしゃれ感を出すことができます。
しかし、こちらの髪型は、頭頂部から後頭部にかけての髪の毛を生かすスタイルなので、その部分が薄くなっている方にはあまりおすすめすることができません。

そして、「短髪はちょっと」という方には、ショートレイヤーがおすすめ。
前髪を垂らし髪の長さは、耳に掛かるぐらいの髪型なので、ある程度の髪の量が必要となり、薄毛があまり進行していない方に似合う髪型です。
おでこの生え際が薄い方には、特におすすめです。
また、髪の毛全体を後ろに流していくオールバックもおすすめと言えます。
前髪や生え際の毛を上手に生かしていく髪型なので、大人っぽい雰囲気を出すことが可能。
ただし、前髪や生え際にボリュームのない方や、M字に薄くなっている方は、薄毛がより目立ってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

女性の場合は、薄くなっている場所の毛根を逆立てて行くことで、ボリュームを出すことができるのでどんなヘアースタイルでも楽しむことができます。
また、バンダナを巻いたり、小物を使用したり、分け目を自由自在に変えるだけでも、薄毛を目立たなくさせてひとりひとりに似合う髪型に仕上げていくことが可能となります。
似合う髪型にするためには、薄毛になっていない部分の髪の毛をあまり伸ばさないようにすることが大切です。
極端に毛の量が変わってしまうと薄毛が目立ってしまいます。
さらに、短髪系のスタイルにしてバランスをよくすることで、自然に見えるようにもなります。

The following two tabs change content below.

薄毛に見えにくい髪型編集部

薄毛に悩む人の多くは、髪型・ヘアースタイルをどうすればいいかと困ることも多いはず。ここでは、薄毛に見えにくい髪型について紹介しています。

最新記事 by 薄毛に見えにくい髪型編集部 (全て見る)