髪型のセット方法

薄毛に見えにくい髪型
Home » 薄毛に見えにくい髪型 » 髪型のセット方法
薄毛に見えにくい髪型 | 08月20日更新

髪型のセット方法

髪型のセット方法

薄毛の人にとって髪の毛一本一本は、とても大切なものと言えるでしょう。
日頃から髪の毛に対するお手入れは、充分に行なっているものと考えられますが、正しく出来ているのかということを問われると、不安になる場合もあります。
そこで、正しい髪のセットの方法をご紹介いたします。

セットをする前には、髪の毛が綺麗な状態になっていることが大切な条件の一つとなります。
そこで、髪の毛のゴミをきれいに洗い流すことから始めましょう。
この行為をきちんと行わないと、セットする時にムラが出たりすることがあります。
その後は、ドライヤーを使って乾かしていきます。
髪の毛は、濡れた状態から乾いていくときに形が決まっていくので、温風と冷風を使い分けながら理想のスタイリングを目指して乾かしていきます。

そして、いよいよスタイリング。
薄毛を意識しすぎて隠そうとすると、不自然さが残ってしまい自然な流れを作ることができなくなります。
なので、意識的に隠そうとしないことが大切。
また、無理やり髪に毛を引っ張って伸ばそうとすると髪の毛がなびくようになり、薄毛が顕に見えしまうことも考えられます。
髪の毛は、なびかないようにセットすることがポイントです。
無理やり髪の毛の流れに逆らうようにセットすることもできるだけ避けるようにすると、自然な髪型を作り出すこともできます。

そして最後の決め手は、スタイリング剤。
スタイリング剤は、髪の毛につけてから冷えて常温になった時に固まる性質があります。
そのため、髪を温風で最後まで乾かすことは避け、髪の毛が温かいうちにスタイリング剤をつけることで変化させることができ、さらに、冷風を使うと理想のヘアースタイルを手に入れることができる可能性が高くなります。
湿気やテカリがあると薄毛は目立ちやすくなるので、注意が必要です。
ジェルタイプは、髪の毛に重さが出てしまうので薄毛の人にはあまりおすすめできませんが、ワックスやスプレータイプは、そのような心配もなく使用することができるのでおすすめです。

The following two tabs change content below.

薄毛に見えにくい髪型編集部

薄毛に悩む人の多くは、髪型・ヘアースタイルをどうすればいいかと困ることも多いはず。ここでは、薄毛に見えにくい髪型について紹介しています。

最新記事 by 薄毛に見えにくい髪型編集部 (全て見る)