薄毛の原因と髪型について

薄毛に見えにくい髪型
Home » 薄毛に見えにくい髪型 » 薄毛の原因と髪型について
薄毛に見えにくい髪型 | 07月22日更新

薄毛の原因と髪型について

薄毛の原因と髪型について

日本は、世界的にも知られているほどの薄毛大国です。
親も薄かったり禿げていたりしたことから、その原因を探ることなく「しかたない」と諦めている方がほとんどでしょう。
しかし、そこには、大きな原因や要因があったのです。
大きく分類することができますので、ご紹介します。

よく「親も禿げてるし」なんて考えたことはないですか?
まさにその通りで「遺伝的要素」がひとつの原因とも言われています。
こちらは、男性ホルモン(テストステロン)と酵素(5aリダクターゼ)を両親から多く受け継いでしまい過剰に結びつくことにより、脱毛ホルモン(DHT)が生まれやすくなるためと考えられています。
また、女性の場合は、女性ホルモンのエストロゲンが減少すると髪が細く痩せてしまい、薄毛を招いてしまう可能性があります。

次に常に髪の毛がベタついているような「皮脂分泌過剰」が原因になるとも言われています。
これは、頭皮の脂と汗が混ざり合うことにより毛穴が塞がってしまうことにより起こるものです。
適度な皮脂は頭皮や毛穴を保護する役割を持っていますが、毛穴が塞がってしまった頭皮にさらに潤いを与えてしまうと、新しく作られた皮脂が、毛穴の内側に溜まって固着力が低下し、髪の毛が抜けやすい状態に陥ってしまう可能性があります。

そして、誰もが抱えている「ストレス」も原因の一つになると言われています。
こちらは、現代人の宿命とも言われていることですが、ストレスが溜まってしまうと、自律神経やホルモンのバランスを崩し、血流が悪くなることがあります。
すると、毛根が必要としている栄養を十分に運ぶことができなくなり、髪の毛の育ちが悪くなってしまうので、抜け落ちたり、細くなる可能性があります。
日々の生活を振り返り、規則正しい生活を送ることを目標に、偏った食事や睡眠不足を避けることが大切です。
また、無理なダイエットでも血流が悪くなり、髪にも栄養が届かなくなる可能性があります。

このように、薄毛になる原因は人それぞれで、薄毛を意識するようになると何とかして隠そうという行動に走りやすくなり、髪の毛を右へ左へと移動しながら悩んでしまうことが多くあります。
しかし、髪を伸ばしていることでより目立ちやすくなってしまいますので、男性女性ともに思い切って髪を短くまとめる方が良いようです。

The following two tabs change content below.

薄毛に見えにくい髪型編集部

薄毛に悩む人の多くは、髪型・ヘアースタイルをどうすればいいかと困ることも多いはず。ここでは、薄毛に見えにくい髪型について紹介しています。

最新記事 by 薄毛に見えにくい髪型編集部 (全て見る)